NEW!! 7/5 超コスパモンスター POCO F6 Pro発売!! IIJmio公式サイトへ

motorola moto g24とXiaomi Redmi Note 10Tはどっちがおすすめ?違いを比較してみた

motorola moto g24とXiaomi Redmi Note 10Tはどっちがおすすめ?違いを比較してみた

IIJmioで端末セットで販売するmotorola moto g24Xiaomi Redmi Note 10Tについて、どっちがおすすめなのか、どっちを買おうか迷っている人も多いはず。

本記事でmotorola moto g24Xiaomi Redmi Note 10Tを比較します。

どちらもキャンペーンで110円でそこそこの性能のため、スマホデビューする方にはかなりおすすめの機種です。

IIJmioでMNP特別特価!!

motorola moto g24110円

(9月2日までのMNP特価)

Xiaomi Redmi Note 10T110円

(9月2日までのMNP特価)

どちらも価格は110円ですが一長一短あるので、本記事で解説します。

スマホ端末を購入するなら【IIJmio】が最もお得です

MNPでスマホ本体が激安価格で購入可能です。

お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます
お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます

\ 最大3ヵ月間 月額440円割引!! /

公式サイト:https://www.iijmio.jp

品切れになる可能性があるので

早めに申し込むことをおすすめします。

IIJmioひかりを契約すると、
IIJmioの月額660円割引きになるって知ってますか?

家の回線もIIJmioにまとめてもっとお得に!

\ 2GB/850円 → 190円に/

▶IIJmioひかり公式サイトはこちら

目次

motorola moto g24Xiaomi Redmi Note 10Tのスペックの比較

名前motorola moto g24Xiaomi Redmi Note 10T
画面サイズ
ディスプレイ
約6.6インチ
1,612×720(HD+)
約6.5インチ
FHD+(2400×1080) TFT
リフレッシュレート最大90Hz最大60Hz
重量約181g約198g
大きさ約74.53(W)x163.49(H)x7.99(D) (mm)約76(W)x163(H)x9(D) (mm)
SoCMediaTek Helio G85 オクタコア
(2.0GHz x 2+ 1.7GHz x 6)
Qualcomm® Snapdragon™ 480 5G オクタコア
2GHzx2+1.8GHzx6
RAM/ROMRAM:8GB / ROM:128GB
+RAMブースト最大8 GB 
RAM:4GB / ROM:64GB
対応OSAndroid™14Android™ 11
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
カメラアウトカメラ:
5000万画素メイン (f/1.8) PDAF
+ 約200万画素マクロ (f/2.4)
+ LEDフラッシュ

インカメラ:
800万画素(f/2.0))
アウトカメラ:
5000万画素(メイン)
+200万画素(深度測定用)

インカメラ:
800万画素
お財布ケータイ非対応対応
防水・防塵IP52IP68
SIMスロットnanoSIM / nanoSIM
スロット数:2
nanoSIM / eSIM
スロット数:1
充電端子USB Type-CUSB Type-C
対応バンド(5G)
5G:n3/28/77/78
対応バンド(4G)LTE:
B1/2/3/5/7/8/18/19/
20/26/28/38/40/41
LTE:
B1/2/3/4/8/12/17/18/19/
26/28/38/39/40/41/42
発売日2024年3月22日2022年4月26日
通常価格19,700円27,360円
公式サイト公式サイト公式サイト
IIJmio価格IIJmioでMNPで110円

IIJmio公式サイト

IIJmioでMNPで110円

IIJmio公式サイト

スペックの比較

moto g24はeSIMや5Gに非対応のエントリーモデルです。

発売日が約2年違うもののIIJmioではどちらもセール中は110円ですが、moto g24の方がオススメと言えます。

画面サイズ、重量、大きさ

機種名画面サイズ重量大きさ
motorola moto g24約6.6インチ
1,612×720(HD+)
リフレッシュレート 90Hz
約181g約74.53(W)x163.49(H)x7.99(D) (mm)
Xiaomi Redmi Note 10T約6.5インチ
FHD+(2400×1080) TFT
リフレッシュレート 60Hz
約198g約76(W)x163(H)x9(D) (mm)

横幅と厚さはmotorola moto g24の方が小さく、また軽量なので持ちやすいと感じる人も多いと思います。

画面の大きさもmotorola moto g24の方が0.1インチ大きいですが、解像度がHD+なところが少し残念なところ。

一方、Xiaomi Redmi Note 10Tは約6.5インチでFHD+です。

SoC

機種名SoC
motorola moto g24MediaTek Helio G85
Xiaomi Redmi Note 10TQualcomm® Snapdragon™ 480 5G オクタコア
2GHzx2+1.8GHzx6
Antutu 10MediaTek Helio G85Snapdragon™ 480 5G
Total score265132356931
CPU84658129362
GPU4048969264
MEM6256974754
UX7823183551
参考:nanoreview.net

moto g24はHelio G85を搭載しており、トータルスコアは26.5万。

Xiaomi Redmi Note 10TはSnapdragon™ 480 5Gでトータルスコアが35.6万あります。

SoCによる処理性能的にはXiaomi Redmi Note 10Tの方が良いです。

ただ、どちらもエントリーモデルや数年前のエントリー~ミドルスペックのため、きびきびした動きやサクサクを重視したい場合は、トータルスコアが最低でも40万点以上、できれば50万後半くらいのスマートフォンを選んだ方が良いです。

あくまで動作はあまり気にしていない方向けと言えます。

各項目の意味
  • CPU:スマホ全般的な処理性能
  • GPU:グラフィック性能(≒3Dゲーム性能)
  • MEM:RAMとROMの読み書き速度
  • UX:実利用時の操作性能
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約35〜50万点
GPUスコア:約14〜18万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約25〜35万点
GPUスコア:約7〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約15〜25万点
GPUスコア:約3〜7万点
必要最低限
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
サブ端末向き
引用:ガルマックス

RAM/ROM

機種名RAM/ROM
motorola moto g248GB / 128GB
+RAMブースト最大8 GB 
Xiaomi Redmi Note 10T4GB / 64GB

ROMはmotorola moto g24は128GBあり、データ保存には全く問題ないレベルと言えます。

64GBは最低限必須レベルでしょう。

一方でRAMはmoto g24が8GB(+8GB)と十分あるので、並列作業には向いているでしょう。

常に快適な動作を求めるなら、RAMブーストも可能なmoto g24一択でしょう。

(※SoCのトータルスコアが低いので、劇的に快適な操作性と言うわけではありません。)

RAMブースト機能は、スマートフォンの内部ストレージを仮想メモリとして使用するため、ストレージ容量が減少し、この機能の使用中はユーザーが使用できるストレージの空き容量が少なくなります。この機能は無効にしない限り、初期設定で有効になっています。
RAM 8 GB + RAMブースト最大8 GB (初期設定4GB | 最大8 GB)

https://www.motorola.co.jp/smartphones-moto-g24/p
RAM/ROMとは
RAM

作業用のメインメモリのことで、容量が大きいほど動作が早くなり、快適に作業ができる。

ROM

データの保存領域のことで、数字が大きいほど動画や画像を多く保存できる。

防水・防塵

機種名
motorola moto g24IP52
Xiaomi Redmi Note 10TIP68

防水防塵については、下記のような指標で示されているとおり、どちらも最低限の防水防塵性能はあります。

プールや海に持って行くならXiaomi Redmi Note 10Tの方が防水性が高いです。

防塵について
保護の程度テスト方法
IP0x保護なしテストなし
IP1x手の接近からの保護直径50㎜以上の固形物体
(手など)が内部に侵入しない
IP2x指の接近からの保護直径12㎜以上の固形物体
(指など)が内部に侵入しない
IP3x工具の先端からの保護直径2.5㎜以上の工具先端や
固形物体が内部に侵入しない
IP4xワイヤーなどからの保護直径1.0㎜以上のワイヤーや
固形物体が内部に侵入しない
IP5x粉塵からの保護機器の正常な作動に支障をきたしたり、
安全を損なう程の量の粉塵が内部に侵入しない
IP6x完全な防塵構造粉塵の侵入が完全に防護されている
引用:https://www.ip68.jp/technicalguide/pdf/PP%20IPtoukyu.pdf
防水について
保護の程度テスト方法
IPx0水の侵入に対して特に
保護されていない
テストなし
IPx1垂直に落ちてくる水滴に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより
3~5mm/分の水滴、10分
IPx2垂直より左右15°以内からの降雨に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより15°の範囲
3~5mm/分の水滴、10分
IPx3垂直より左右60°以内からの降雨に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより60°の範囲
3~5mm/分の水滴、10分
IPx4いかなる方向からの水の飛沫
によっても有害な影響を受けない
300~500mmの高さより
全方向に10ℓ/分の放水、10分
IPx5いかなる方向からの水の直接噴流
によっても有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
12.5ℓ/分・30kpaの噴流水、3分
IPx6いかなる方向からの水の強い直接噴流
によっても有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
100ℓ/分・100kpaの噴流水、3分
IPx7規程の圧力、時間で水中に没しても
水が浸入しない
水面下・15cm~1m、30分間
IPx8水面下での使用が可能メーカーと危機の使用者間の
取り決めによる
引用:https://www.ip68.jp/technicalguide/pdf/PP%20IPtoukyu.pdf

お財布ケータイ

機種名お財布ケータイ
motorola moto g24非対応
Xiaomi Redmi Note 10T対応

お財布ケータイ対応機種が欲しい場合は、Xiaomi Redmi Note 10T一択です。

お財布ケータイ対応機種が110円で購入できるのはかなりお得ですね。

対応バンド

スマホの対応バンド
機種名対応バンド
motorola moto g24
5G:(非対応)
LTE:B1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
Xiaomi Redmi Note 10T5G:n3/28/77/78
LTE:B1/2/3/4/8/12/17/18/19/26/28/38/39/40/41/42
回線種類主要な周波数バンドmoto g24Redmi Note 10T
ドコモ回線4G:1/3/19
5G:n78/n79
対応
(5Gは非対応)
対応
au回線4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
対応
(5Gは非対応)
対応
ソフトバンク回線4G:1/3/8
5G:n77
対応
(5Gは非対応)
対応
楽天モバイル回線4G:3/18 or 26
5G:n77
対応
(5Gは非対応)
対応
両機種のキャリアへの対応

どちらの機種も、日本の主要な回線4つに対応しています。

例えばIIJmioでMNPで安く購入して、数か月後に他の格安SIMへ移行する際はそのまま端末が利用可能です。

motorola moto g24Xiaomi Redmi Note 10Tはどちらを購入するべきか

どちらもIIJmioで110円で購入できるので迷う方が多いかと思いますが、一長一短のため、何を重視するかで決めるべきだと感じます。

  • たくさん写真・動画とって保存したい
     → motorola moto g24
  • 防水防塵性を優先したい
     → Xiaomi Redmi Note 10T
  • 5Gが使いたい
     → Xiaomi Redmi Note 10T
  • 新しい機種の方が良い
     → motorola moto g24

このあたりが判断要素になるかと思います。

取り扱い箇所と本体料金

MVNO(格安SIM)での取り扱い

掲載当時の価格のため、金額が異なる場合があります。

また、新規契約、MNP時の金額のうち最安値の方を記載しています。

格安SIMmotorola moto g24Xiaomi Redmi Note 10T
IIJmio
公式から申し込む
110円110円
mineo
公式から申し込む
NUROモバイル
公式から申し込む
UQモバイル
公式から申し込む
Y!mobile
公式から申し込む
イオンモバイル
公式から申し込む
LIBMO
公式から申し込む
QTモバイル
公式から申し込む
楽天モバイル
公式から申し込む

記載当時(または更新当時)の情報になります。詳しくは上記リンクから公式サイトをご覧ください。

オンラインサイトでの取り扱い

スマホ端末を購入するなら【IIJmio】が最もお得です

MNPでスマホ本体が激安価格で購入可能です。

お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます
お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます

\ 最大3ヵ月間 月額440円割引!! /

公式サイト:https://www.iijmio.jp

品切れになる可能性があるので

早めに申し込むことをおすすめします。

IIJmioひかりを契約すると、
IIJmioの月額660円割引きになるって知ってますか?

家の回線もIIJmioにまとめてもっとお得に!

\ 2GB/850円 → 190円に/

▶IIJmioひかり公式サイトはこちら

参考リンク

\端末を安く買うならIIJmio一択!!/

IIJmio(みおふぉん)

最強こどもプログラム開始!!/

目次