NEW!! 7/5 超コスパモンスター POCO F6 Pro発売!! IIJmio公式サイトへ

SHARP AQUOS sense 7とSHARP AQUOS wish3はどっちがおすすめ?比較してみた

senseシリーズとwishシリーズの違い

大まかなには下記のようなイメージです。

senseの方がミドルレンジ機で性能的には高く、wishは必要最低限の性能で小型なのが特徴です。ゲームをしたり、日々快適な操作を求める方はsenseの方が向いていると感じます。

IIJmioで端末セットで販売されているAQUOS sense 7SHARP AQUOS wish3について、どっちがおすすめなのか、どっちを買おうか迷っている人も多いはず。

本記事でAQUOS sense 7とSHARP AQUOS wish3を比較します。

▶SHARP AQUOS sense 8とSHARP AQUOS sense 7はどっちがおすすめ?比較してみた

IIJmioでMNP特別特価!!

SHARP AQUOS sense 724,800円

(9月2日までのMNP特価)

SHARP AQUOS wish317,800円

(9月2日までのMNP特価)

特別価格は予告なく終了している可能性があるので、公式サイト(こちらからアクセスできます)の最新情報を確認ください。

スマホ端末を購入するなら【IIJmio】が最もお得です

MNPでスマホ本体が激安価格で購入可能です。

お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます
お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます

\ 最大3ヵ月間 月額440円割引!! /

公式サイト:https://www.iijmio.jp

品切れになる可能性があるので

早めに申し込むことをおすすめします。

IIJmioひかりを契約すると、
IIJmioの月額660円割引きになるって知ってますか?

家の回線もIIJmioにまとめてもっとお得に!

\ 2GB/850円 → 190円に/

▶IIJmioひかり公式サイトはこちら

目次

SHARP AQUOS sense 7とSHARP AQUOS wish3のスペックの比較

名前SHARP AQUOS sense 7
SHARP AQUOS sense 7
sharp_aquos_wish3
SHARP AQUOS wish3
画面サイズ
ディスプレイ
約6.1インチ
FHD+ 2,432×1,080 (IGZO OLED)
約5.7インチ
HD+ 1520×720
リフレッシュレート60Hz60Hz
重量約158g約161g
大きさ約70(W)x152(H)x8.0(D) (mm)約70(W)x147(H)x8.9(D) (mm)
SoCQualcomm® Snapdragon™ 695 5GMediaTek™ Dimensity® 700
RAM/ROMRAM:6GB / ROM:128GBRAM:4GB / ROM:64GB
バッテリー容量4570mAh3730mAh
カメラアウトカメラ:
 5030万画素(標準)
 約800万画素(広角)

インカメラ:
 800万画素
アウトカメラ:
約1,300万画素(F値2.0/CMOS)

インカメラ:
約500万画素(F値2.2/CMOS)
お財布ケータイ対応対応
防水・防塵IP68IP67
SIMスロットnanoSIM / eSIM
スロット数:1
nanoSIM / eSIM
スロット数:1
充電端子USB Type-CUSB Type-C
対応バンド(5G)5G:
n3/28/41/77/78/79
5G:
n3/28/77/78/79
対応バンド(4G)LTE:
B1/2/3/5/8/12/17/
18/19/21/38/41/42
LTE:
B1/2/3/5/8/12/17/
18/19/38/39/41
発売日2022年11月25日(SIMフリー)2023年7月6日
通常価格39,800円33,800円
公式サイト公式サイト公式サイト
販売MVNO
最安値
IIJmioでMNPで24,800円

IIJmio公式サイト

IIJmioでMNPで17,800円

IIJmio公式サイト

スペックの比較

ぱっと見のイメージでは、AQUOS sense 7はミドルレンジ、AQUOS wish 3はローエンドに近いミドルというイメージです。

ドコモ版のAQUOS wish 3は2023年8月30日に発売が決定しました。

特筆すべき箇所を詳細に見ていきます。

画面サイズ、重量、大きさ

機種名画面サイズ重量大きさ
SHARP AQUOS sense 7約6.1インチ
FHD+ 2,432×1,080 (IGZO OLED)
リフレッシュレート 60Hz
約158g約70(W)x152(H)x8.0(D) (mm)
SHARP AQUOS wish3約5.7インチ
HD+ 1520×720
リフレッシュレート 60Hz
約161g約70(W)x147(H)x8.9(D) (mm)

画面はFHD+とHD+で解像度が異なります。

本体サイズは割と似ていますが、一回り小さいのがwish3です。

SoC

機種名SoC
SHARP AQUOS sense 7Qualcomm® Snapdragon™ 695 5G
SHARP AQUOS wish3MediaTek™ Dimensity® 700
Antutu 9Qualcomm® Snapdragon™ 695 5GMediaTek™ Dimensity® 700
Total score398797337561
CPU12617998283
GPU10023081515
MEM5700669028
UX11568891215
引用先:nanoreview.net

どちらも30万点以上あるので、普段使いには問題ありませんが、ゲームをしたり重たい処理をするならAQUOS sense 7のQualcomm® Snapdragon™ 695 5Gの方が向いているといえるでしょう。

各項目の意味
  • CPU:スマホ全般的な処理性能
  • GPU:グラフィック性能(≒3Dゲーム性能)
  • MEM:RAMとROMの読み書き速度
  • UX:実利用時の操作性能

RAM/ROM

RAMとROMの概要説明
機種名RAM/ROM
SHARP AQUOS sense 7
RAM:6GB / ROM:128GB
SHARP AQUOS wish3RAM:4GB / ROM:64GB

RAM/ROMに関してはAQUOS sense 7の方が優位です。近年のスマホは基本的にROM128GB以上あるので、64GBでは少ないと感じる方も多いのではないでしょうか。

また、RAMも4GBよりかは6GBの方が、よりたくさんのアプリを同時処理できるので、快適な動作を求めるならAQUOS sesne 7の方が良いです。

おサイフケータイ

機種名おサイフケータイ
SHARP AQUOS sense 7
対応
SHARP AQUOS wish3対応

どちらもお財布ケータイには対応しているので安心して利用可能です。

防水・防塵

機種名
SHARP AQUOS sense 7IP68
SHARP AQUOS wish3IP67

防水防塵については、下記のような指標で示されているとおり、AQUOS sense 7は「完全な防塵構造であり、水面下での使用が可能」です。

一方、AQUOS wish3は「完全な防塵構造であり、規程の圧力、時間で水中に没しても水が浸入しない」ので、水面下で利用しなければどちらも防水性はあるといってよいです。

防塵について
保護の程度テスト方法
IP0x保護なしテストなし
IP1x手の接近からの保護直径50㎜以上の固形物体
(手など)が内部に侵入しない
IP2x指の接近からの保護直径12㎜以上の固形物体
(指など)が内部に侵入しない
IP3x工具の先端からの保護直径2.5㎜以上の工具先端や
固形物体が内部に侵入しない
IP4xワイヤーなどからの保護直径1.0㎜以上のワイヤーや
固形物体が内部に侵入しない
IP5x粉塵からの保護機器の正常な作動に支障をきたしたり、
安全を損なう程の量の粉塵が内部に侵入しない
IP6x完全な防塵構造粉塵の侵入が完全に防護されている
引用:https://www.ip68.jp/technicalguide/pdf/PP%20IPtoukyu.pdf
防水について
保護の程度テスト方法
IPx0水の侵入に対して特に
保護されていない
テストなし
IPx1垂直に落ちてくる水滴に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより
3~5mm/分の水滴、10分
IPx2垂直より左右15°以内からの降雨に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより15°の範囲
3~5mm/分の水滴、10分
IPx3垂直より左右60°以内からの降雨に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより60°の範囲
3~5mm/分の水滴、10分
IPx4いかなる方向からの水の飛沫
によっても有害な影響を受けない
300~500mmの高さより
全方向に10ℓ/分の放水、10分
IPx5いかなる方向からの水の直接噴流
によっても有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
12.5ℓ/分・30kpaの噴流水、3分
IPx6いかなる方向からの水の強い直接噴流
によっても有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
100ℓ/分・100kpaの噴流水、3分
IPx7規程の圧力、時間で水中に没しても
水が浸入しない
水面下・15cm~1m、30分間
IPx8水面下での使用が可能メーカーと危機の使用者間の
取り決めによる
引用:https://www.ip68.jp/technicalguide/pdf/PP%20IPtoukyu.pdf

取り扱い箇所と本体料金

MVNO(格安SIM)での取り扱い

掲載当時の価格のため、金額が異なる場合があります。

最新の情報は各公式サイトからご覧ください。

また、新規契約、MNP時の金額のうち最安値の方を記載しています。

格安SIMSHARP AQUOS sense 7SHARP AQUOS wish3
IIJmio
公式から申し込み
24,800円17,800円
mineo
公式から申し込む
50,952円36,960円
NUROモバイル
公式から申し込む
47,500円
UQモバイル
公式から申し込む
37,500円
Y!mobile
公式から申し込む
23,400円9,800円
イオンモバイル
公式から申し込む
51,480円36,080円
LIBMO
公式から申し込む
32,120円
QTモバイル
公式から申し込む
54,120円36,960円
楽天モバイル
公式から申し込む
40,908円26,800円
参考:ドコモ総額54,230円総額37,863円

SHARP AQUOS sense 7は多くの格安SIMで扱われていますが、最も安いのはY!mobile、次にIIJmioとなります。

SHARP AQUOS wish3はIIJmioが最も安くなります。

オンラインサイトでの取り扱い

SHARP AQUOS wish3はまだ取り扱われていませんでした。

スマホ端末を購入するなら【IIJmio】が最もお得です

MNPでスマホ本体が激安価格で購入可能です。

お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます
お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます

\ 最大3ヵ月間 月額440円割引!! /

公式サイト:https://www.iijmio.jp

品切れになる可能性があるので

早めに申し込むことをおすすめします。

IIJmioひかりを契約すると、
IIJmioの月額660円割引きになるって知ってますか?

家の回線もIIJmioにまとめてもっとお得に!

\ 2GB/850円 → 190円に/

▶IIJmioひかり公式サイトはこちら

どっちが良いか?

IIJmioでは価格差が5,000円のため、選べるならAQUOS sense 7を選ぶ方が、性能が高く使いやすいかと思います。

画面の解像度も、RAM/ROM、SoCなど全体的にAQUOS sense 7の方が高いので、普段使いで快適さを求める方はAQUOS sense 7の方が良いです。

出来るだけ安く抑えたい方や、廉価版で十分と言う方にはAQUOS wish 3でも良いのかもしれません。

参考リンク

\端末を安く買うならIIJmio一択!!/

IIJmio(みおふぉん)

最強こどもプログラム開始!!/

目次