NEW!! 7/5 超コスパモンスター POCO F6 Pro発売!! IIJmio公式サイトへ

Xiaomi Redmi 12 5Gとnubia Ivyはどっちがおすすめ?違いを比較してみた

IIJmioで端末セットで販売されているXiaomi Redmi 12 5GZTE nubia Ivyについて、どっちがおすすめなのか、違いは何か、どっちを買おうか迷っている人も多いはず。

本記事でXiaomi Redmi 12 5GZTE nubia Ivyを比較します。

本記事ではRedmi 12 5GはRAM:8GB/ROM128GBの端末を対象にしています。

IIJmioでMNP特別特価!!

Xiaomi Redmi 12 5G

7,980円

(9月2日までのMNP特価)

ZTE nubia Ivy3,980円

(9月2日までのMNP特価)

スマホ端末を購入するなら【IIJmio】が最もお得です

MNPでスマホ本体が激安価格で購入可能です。

お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます
お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます

\ 最大3ヵ月間 月額440円割引!! /

公式サイト:https://www.iijmio.jp

品切れになる可能性があるので

早めに申し込むことをおすすめします。

IIJmioひかりを契約すると、
IIJmioの月額660円割引きになるって知ってますか?

家の回線もIIJmioにまとめてもっとお得に!

\ 2GB/850円 → 190円に/

▶IIJmioひかり公式サイトはこちら

目次

Xiaomi Redmi 12 5Gnubia nubia Ivyのスペック比較

名前Xiaomi Redmi 12 5GZTE nubia Ivy
画面サイズ
ディスプレイ
約6.8インチ
FHD+ (2,460×1,080)
約6.6インチ
2,408×1,080(フルHD+)
リフレッシュレート最大90Hz90Hz固定
重量約200g約194g
大きさ約169mm×76mm×8.2mm約166mm×76mm×8.6mm
SoCQualcomm® Snapdragon™ 4 Gen 2MediaTek™ Dimensity® 700
RAM/ROMRAM:8GB / ROM:256GBRAM:6GB / ROM:128GB
バッテリー容量5,000mAh4420mAh
カメラアウトカメラ:
約5,000万画素メインカメラ f/1.8
+約200万画素深度センサー f/2.4

インカメラ:
約500万画素カメラ f/2.2
アウトカメラ:
 5000万画素(メイン)
 + 200万画素(被写界深度)
 + 200万画素(マクロ)

インカメラ:
 800万画素
お財布ケータイ対応対応
防水・防塵IP53IP67
SIMスロットnanoSIM / eSIM
スロット数:1
nanoSIM / eSIM
スロット数:1
充電端子USB Type-CUSB Type-C
対応バンド(5G)5G:
n3/n28/n41/n77/n78
5G:
n3/28/77
対応バンド(4G)LTE:
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/
20/26/28/38/39/40/41/42
LTE:
B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/
19/26/28/41/42
発売日2023年10月6日2024年4月1日
通常価格29,800円29,800
公式サイト公式サイト公式サイト
IIJmio価格IIJmioでMNPで

7,980円


IIJmio公式サイト

IIJmioでMNPで
3,980円

IIJmio公式サイト

スペックの比較

両者とも定価29,800円の比較的新しい機種ですが、詳細を見ていきます。

画面サイズ、重量、大きさ

機種名画面サイズ重量大きさ
Xiaomi Redmi 12 5G約6.8インチ
FHD+ (2,460×1,080)
リフレッシュレート90Hz
約200g約169mm×76mm×8.2mm
nubia Ivy約6.6インチ
2,408×1,080(フルHD+)
90Hz固定
約194g約166mm×76mm×8.6mm

Xiaomi Redmi 12 5Gの方が約6g重く、長さが3mm長く、0.4mm薄いです。

持った感じはほとんど同じと言って良いんじゃないでしょうか。

画面が大きい方が良いならXiaomi Redmi 12 5Gの方が良いです。

SoC

機種名SoC
Xiaomi Redmi 12 5GQualcomm® Snapdragon™ 4 Gen 2
nubia IvyMediaTek™ Dimensity® 700
Antutu 10Qualcomm® Snapdragon™ 4 Gen 2
Xiaomi Redmi 12 5G
MediaTek™ Dimensity® 700
nubia nubia Ivy
Total score426967388981
CPU158876132761
GPU4912274397
MEM10798089713
UX11098991357
参考:nanoreview.net

Qualcomm® Snapdragon™ 4 Gen 2の方が若干トータルスコアが高く、性能が良いですがGPUが4.9万点とかなり低いのが気になります。

GPUはゲームの動作に影響してくるので、3Dのゲーム等には向いていないと感じます。

どちらも40万点前後あるので、日常生活での利用では特に不自由はありません。

各項目の意味
  • CPU:スマホ全般的な処理性能
  • GPU:グラフィック性能(≒3Dゲーム性能)
  • MEM:RAMとROMの読み書き速度
  • UX:実利用時の操作性能
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約35〜50万点
GPUスコア:約14〜18万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約25〜35万点
GPUスコア:約7〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約15〜25万点
GPUスコア:約3〜7万点
必要最低限
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
サブ端末向き
引用:ガルマックス

RAM/ROM

RAMとROMの概要説明
機種名RAM/ROM
Xiaomi Redmi 12 5G8GB / 256GB
nubia Ivy6GB / 128GB

RAM/ROMに関してはXiaomi Redmi 12 5Gの方が高く、マルチタスクも十分こなせる8GBあります。

nubia Ivyの6GBでも日常で利用するようなマルチタスクは動作するので、どちらも必要十分はあると感じます。

カメラで頻繁に撮影するような方であればROM(ストレージ)は256GBの方が安心感はあります。

お財布ケータイ

機種名お財布ケータイ
Xiaomi Redmi 12 5G対応
nubia Ivy対応

どちらの機種もお財布ケータイには対応しています。

一度使い始めるともう非対応機種には戻れませんよね。

対応バンド

スマホの対応バンド
機種名対応バンド
Xiaomi Redmi 12 5G
5G: n3/n28/n41/n77/n78
LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/
20/26/28/38/39/40/41/42
nubia Ivy5G:n3/n28/n77
LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/
19/26/28/41/42
回線種類主要な周波数バンドXiaomi Redmi 12 5Gnubia Ivy
ドコモ回線4G:1/3/19
5G:n78/n79
対応対応
au回線4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
対応対応
ソフトバンク回線4G:1/3/8
5G:n77
対応対応
楽天モバイル回線4G:3/18 or 26
5G:n77
対応対応
両機種のキャリアへの対応

両機種とも国内のドコモ、au、ソフトバンク、楽天の回線に対応しています。

nubia Ivyはドコモの5Gに対応していない?

nubia Ivyの対応している5G通信バンドの1つとして「n77」がありますが、ドコモ回線はn77を扱っていないように見えます。

ドコモのn78はn77と一部被っているようで、nubia Ivyでもドコモ回線の5Gを受けられるとのことです。

IIJmioの製品ページでも「5G:〇」と記載があるので、結論的には5G対応と言うことになります。

防水・防塵

機種名
Xiaomi Redmi 12 5GIP53
nubia IvyIP67

Xiaomi Redmi 12 5Gはあまり防水性能は高くなく、IPx3の「垂直より左右60°以内からの降雨によって有害な影響を受けない」程度のものになります。

数値の目安については下記を参考にしてください。

防塵について
保護の程度テスト方法
IP0x保護なしテストなし
IP1x手の接近からの保護直径50㎜以上の固形物体
(手など)が内部に侵入しない
IP2x指の接近からの保護直径12㎜以上の固形物体
(指など)が内部に侵入しない
IP3x工具の先端からの保護直径2.5㎜以上の工具先端や
固形物体が内部に侵入しない
IP4xワイヤーなどからの保護直径1.0㎜以上のワイヤーや
固形物体が内部に侵入しない
IP5x粉塵からの保護機器の正常な作動に支障をきたしたり、
安全を損なう程の量の粉塵が内部に侵入しない
IP6x完全な防塵構造粉塵の侵入が完全に防護されている
引用:https://www.ip68.jp/technicalguide/pdf/PP%20IPtoukyu.pdf
防水について
保護の程度テスト方法
IPx0水の侵入に対して特に
保護されていない
テストなし
IPx1垂直に落ちてくる水滴に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより
3~5mm/分の水滴、10分
IPx2垂直より左右15°以内からの降雨に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより15°の範囲
3~5mm/分の水滴、10分
IPx3垂直より左右60°以内からの降雨に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより60°の範囲
3~5mm/分の水滴、10分
IPx4いかなる方向からの水の飛沫
によっても有害な影響を受けない
300~500mmの高さより
全方向に10ℓ/分の放水、10分
IPx5いかなる方向からの水の直接噴流
によっても有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
12.5ℓ/分・30kpaの噴流水、3分
IPx6いかなる方向からの水の強い直接噴流
によっても有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
100ℓ/分・100kpaの噴流水、3分
IPx7規程の圧力、時間で水中に没しても
水が浸入しない
水面下・15cm~1m、30分間
IPx8水面下での使用が可能メーカーと危機の使用者間の
取り決めによる
引用:https://www.ip68.jp/technicalguide/pdf/PP%20IPtoukyu.pdf

SIMスロット

機種名
Xiaomi Redmi 12 5GnanoSIM / eSIM
スロット数:1
nubia IvynanoSIM / eSIM
スロット数:1

どちらの機種も、nanoSIM/eSIMのもっとも主流の構成です。

デュアルSIMをする際は、どちらかが物理SIMである必要があります。

Xiaomi Redmi 12 5Gnubia Ivyはどちらを購入するべきか

個人的には、7,980円出してもXiaomi Redmi 12 5Gを購入する方が良いかと感じます。

理由は下記、

  • SoCのトータル性能が高い
  • RAMが8GBで十分快適
  • 5Gの電波が掴みやすい

だからです。

とは言え、そこまで大きく性能が変わるわけではないので、nubia Ivyを購入するのも十分視野に入れてOKです。

取り扱い箇所と本体料金

MVNO(格安SIM)での取り扱い

掲載当時の価格のため、金額が異なる場合があります。

また、新規契約、MNP時の金額のうち最安値の方を記載しています。

格安SIMXiaomi Redmi 12 5GZTE nubia Ivy
IIJmio
公式から申し込む

7,980円

3,980円
LINEMO
公式から申し込む
32,472円
mineo
公式から申し込む
NUROモバイル
公式から申し込む
UQモバイル
公式から申し込む
7,800円~
Y!mobile
公式から申し込む
イオンモバイル
公式から申し込む
27,280円
LIBMO
公式から申し込む
QTモバイル
公式から申し込む
楽天モバイル
公式から申し込む

オンラインサイトでの取り扱い

スマホ端末を購入するなら【IIJmio】が最もお得です

MNPでスマホ本体が激安価格で購入可能です。

お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます
お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます

\ 最大3ヵ月間 月額440円割引!! /

公式サイト:https://www.iijmio.jp

品切れになる可能性があるので

早めに申し込むことをおすすめします。

IIJmioひかりを契約すると、
IIJmioの月額660円割引きになるって知ってますか?

家の回線もIIJmioにまとめてもっとお得に!

\ 2GB/850円 → 190円に/

▶IIJmioひかり公式サイトはこちら

参考リンク

\端末を安く買うならIIJmio一択!!/

IIJmio(みおふぉん)

最強こどもプログラム開始!!/

目次