NEW!! 7/5 超コスパモンスター POCO F6 Pro発売!! IIJmio公式サイトへ

motorola edge 40 neoとXiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5Gはどっちがおすすめ?違いを比較してみた

IIJmioで発売されるmotorola edge 40 neoXiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5Gについて、どっちがおすすめなのか、どっちを買おうか迷っている人も多いはず。

本記事では、motorola edge 40 neoXiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5Gを比較します。

IIJmioでMNP特別特価!!

motorola
edge 40 neo
19,800円(定価:53,700円)

(9月2日までのMNP特価)

Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
39,800円(定価:58,800円)

(9月2日までのMNP特価)

スマホ端末を購入するなら【IIJmio】が最もお得です

MNPでスマホ本体が激安価格で購入可能です。

お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます
お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます

\ 最大3ヵ月間 月額440円割引!! /

公式サイト:https://www.iijmio.jp

品切れになる可能性があるので

早めに申し込むことをおすすめします。

IIJmioひかりを契約すると、
IIJmioの月額660円割引きになるって知ってますか?

家の回線もIIJmioにまとめてもっとお得に!

\ 2GB/850円 → 190円に/

▶IIJmioひかり公式サイトはこちら

目次

motorola edge 40 neoXiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5Gのスペックの比較

名前motorola
edge 40 neo
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
画面サイズ
ディスプレイ
約6.55インチ
FDH+(2,400×1,080)
約6.67インチ
2712 x 1220(AMOLED)
リフレッシュレート最大144Hz最大120Hz
重量黒:約170g 
青:約172g
約204.5g
大きさ約71.99×159.63×7.79 mm
カリビアンブルーの厚さは7.89mm
約74.2×161.4×8.9mm
OSAndroid™ 13Android™ 14ベースの
Xiaomi HyperOS
SoCMediaTek Dimensity 7030MediaTek Dimensity 7200-Ultra
RAM/ROMRAM:8GB / ROM:256GBRAM:8GB / ROM:256GB
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
カメラアウトカメラ:
約5000万画素メイン (f/1.8) OIS、
Omni-directional PDAF
+ 約1300万画素 超広角(120°)
+マクロ (f/2.2)、LEDフラッシュ)

インカメラ:
 3200万画素 (f/2.4))
アウトカメラ:
 2億画素 (f/1.65 絞り値)
 800万画素 超広角(f/2.2 絞り値)
 200万画素 マクロ(f/2.4 絞り値))

インカメラ:
 1600万画素(f/2.4 絞り値))
お財布ケータイ対応対応
防水・防塵IP68IP68
SIMスロットnanoSIM / eSIM
スロット数:1
nanoSIM / eSIM
スロット数:1
充電端子USB Type-CUSB Type-C
対応バンド(5G)5G:
n1/2/3/5/7/8/20/28/
38/40/41/66/77/78
5G:
n1/3/5/7/8/20/28/
38/40/41/66/77/78
対応バンド(4G)LTE:
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/
19/20/25/26/28/32/38/39/40/
41/42/43/48/66
LTE:
1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/
18/19/20/26/28/32/38/40/41/66
発売日2024年5月24日2024年5月16日
通常価格53,700円58,800円
公式サイト公式サイト公式サイト
IIJmio
価格
IIJmioでMNPで
19,800円

IIJmio公式サイト

IIJmioでMNPで
39,800円

IIJmio公式サイト

スペックの比較

どちらも2024年5月に発売した新機種ですが、かなり迷っている人も多いと思うので違いを見ていきます。

画面サイズ、重量、大きさ

機種名画面サイズ重量大きさ
motorola
edge 40 neo
約6.55インチ
2400 x 1080(FDH+)
リフレッシュレート 144Hz
黒:約170g
青:約172g 
約71.99×159.63×7.79 mm
カリビアンブルーの厚さは7.89mm
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
約6.67インチ
2712 x 1220(AMOLED)
リフレッシュレート 120Hz
約204.5g約74.2×161.4×8.9mm

どちらの機種も横幅が75mm以下で、非常に持ちやすい機種と言えそうです。

いままでXiaomiは多くの機種で76mm前後だったことを考えると持ちやすさにも配慮したのかもしれません。(個人的に75mmを超えると持ちにくいです。)

とはいえ200g超えているのは重たい印象を持つかもしれません。

motorola edge 40の方が一回り小さく、軽いのが特徴です。

SoC

機種名SoC
motorola
edge 40 neo
MediaTek Dimensity 7030
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
MediaTek Dimensity 7200-Ultra
Antutu 10Dimensity 7030
edge 40 neo
Dimensity 7200-Ultra
Redmi Note 13 Pro+ 5G
Total score526856723567
CPU170700218725
GPU78883182171
MEM124940154067
UX152333168604
参考:nanoreview.net

全体的にMediaTek Dimensity 7200-Ultraを搭載するRedmi Note 13 Pro+ 5Gの方が勝っています。

動作を重視するならXiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5Gを選ぶべきでしょう。

特にedge 40 neoのDimensity 7030はGPUが7.8万点台と極端に低いのが微妙かもしれません。そこそこゲームをする方には厳しそうな印象を受けます。

とはいえAntutuスコアが50万点以上はあるので、日常的な利用であれば十分快適です。

各項目の意味
  • CPU:スマホ全般的な処理性能
  • GPU:グラフィック性能(≒3Dゲーム性能)
  • MEM:RAMとROMの読み書き速度
  • UX:実利用時の操作性能
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約35〜50万点
GPUスコア:約14〜18万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約25〜35万点
GPUスコア:約7〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約15〜25万点
GPUスコア:約3〜7万点
必要最低限
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
サブ端末向き
引用:ガルマックス

↑近年の場合、総合スコアは+10万点、GPUスコアは+3~5万点した方が良いかなと感じます。

RAM/ROM

機種名RAM/ROM
motorola
edge 40 neo
RAM:8GB / ROM:256GB
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
RAM :8GB / ROM:256GB

どちらも同じ値であり、RAMが8GB、ROMが256GBあります。

SoC処理性能も相まって必要十分でしょう。

特に最近の機種はミドルレンジ機でも256GBを採用しているので助かりますね。

バッテリー

機種名バッテリー容量
motorola
edge 40 neo
5,000mAh
68W TurboPower™ チャージ対応
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
5,000mAh
120W Xiaomi ハイパーチャージ

バッテリー容量はどちらも5,000mAhを搭載しています。

最近はバッテリー容量は5,000mAhあればほぼ最大値なので、十分大きいと言えます。

それに両者とも独自の急速充電に対応しています。

Pixel等はまだ4500mAh前後なので若干少なく見えてしまいますね。

カメラ

機種名アウトカメラインカメラ
motorola
edge 40 neo
約5000万画素メイン (f/1.8) OIS、
Omni-directional PDAF
+ 約1300万画素 超広角(120°)
+マクロ (f/2.2)、LEDフラッシュ)
3200万画素 (f/2.4))
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
2億画素 (f/1.65 絞り値)
+800万画素 超広角(f/2.2 絞り値)
+200万画素 マクロ(f/2.4 絞り値))
1600万画素(f/2.4 絞り値))

アウトカメラの画素数で言うと2億画素のXiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5Gが圧倒しています。

motorola edge 40 neoも5000万画素あるので十分と言えます。

対応バンド

スマホの対応バンド
機種名対応バンド
motorola
edge 40 neo
5G:n1/2/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/38/39/40/41/42/43/48/66
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
5G:n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/38/40/41/66
回線種類主要な周波数バンドmotorola
edge 40 neo
Redmi
Note 13 Pro+ 5G
ドコモ回線4G:1/3/19
5G:n78/n79
対応対応
au回線4G:1/3/18 or 26
5G:n77/n78
対応対応
ソフトバンク回線4G:1/3/8
5G:n77
対応対応
楽天モバイル回線4G:3/18 or 26
5G:n77
対応対応
両機種のキャリアへの対応

IIJmioで購入すれば、基本的にSIMフリー版なのでどのキャリアでも利用可能です。

近年のSIMフリースマホは日本の全キャリアにも対応しているのが主流になりつつあるので、安心ですね。

おサイフケータイ

機種名おサイフケータイ
motorola
edge 40 neo
対応
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
対応

どちらも海外メーカーではありますが、お財布ケータイに対応しています。

最近はmotorolaやXiaomiもどんどんお財布ケータイ対応してきてるので、敬遠されることも少なくなってきたのではないでしょうか。

防水・防塵

機種名
motorola
edge 40 neo
IP68
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
IP68

防水防塵については下記のような指標で示されているとおり、motorola edge 40 neoおよびRedmi Note 13 Pro+ 5GIP68の最高性能です。

特にmotorolaのサイトによると edge 40 neoは最深1.5メートルで30分間耐えられる防水とのことです。

防塵の値について

保護の程度テスト方法
IP0x保護なしテストなし
IP1x手の接近からの保護直径50㎜以上の固形物体
(手など)が内部に侵入しない
IP2x指の接近からの保護直径12㎜以上の固形物体
(指など)が内部に侵入しない
IP3x工具の先端からの保護直径2.5㎜以上の工具先端や
固形物体が内部に侵入しない
IP4xワイヤーなどからの保護直径1.0㎜以上のワイヤーや
固形物体が内部に侵入しない
IP5x粉塵からの保護機器の正常な作動に支障をきたしたり、
安全を損なう程の量の粉塵が内部に侵入しない
IP6x完全な防塵構造粉塵の侵入が完全に防護されている
引用:https://www.ip68.jp/technicalguide/pdf/PP%20IPtoukyu.pdf

防水の値について

保護の程度テスト方法
IPx0水の侵入に対して特に
保護されていない
テストなし
IPx1垂直に落ちてくる水滴に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより
3~5mm/分の水滴、10分
IPx2垂直より左右15°以内からの降雨に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより15°の範囲
3~5mm/分の水滴、10分
IPx3垂直より左右60°以内からの降雨に
よって有害な影響を受けない
200mmの高さより60°の範囲
3~5mm/分の水滴、10分
IPx4いかなる方向からの水の飛沫
によっても有害な影響を受けない
300~500mmの高さより
全方向に10ℓ/分の放水、10分
IPx5いかなる方向からの水の直接噴流
によっても有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
12.5ℓ/分・30kpaの噴流水、3分
IPx6いかなる方向からの水の強い直接噴流
によっても有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に
100ℓ/分・100kpaの噴流水、3分
IPx7規程の圧力、時間で水中に没しても
水が浸入しない
水面下・15cm~1m、30分間
IPx8水面下での使用が可能メーカーと危機の使用者間の
取り決めによる
引用:https://www.ip68.jp/technicalguide/pdf/PP%20IPtoukyu.pdf

SIMスロット

機種名
motorola
edge 40 neo
nanoSIM / eSIM
スロット数:1
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
nanoSIM / eSIM
スロット数:1

motorola edge 40 neoRedmi Note 13 Pro+ 5GもnanoSIM1つにeSIM1つの構成に対応しています。

最も主流の構成であり、eSIMなら即日開通が可能です。

取り扱い箇所と本体料金

MVNO(格安SIM)での取り扱い

掲載当時の価格のため、金額が異なる場合があります。

また、新規契約、MNP時の金額のうち最安値の方を記載しています。

格安SIMmotorola
edge 40 neo
Xiaomi
Redmi Note 13 Pro+ 5G
IIJmio
公式から申し込む
19,800円39,800円
mineo
公式から申し込む
NUROモバイル
公式から申し込む
49,800円
UQモバイル
公式から申し込む
Y!mobile
公式から申し込む
イオンモバイル
公式から申し込む
54,780円59,180円
LIBMO
公式から申し込む
QTモバイル
公式から申し込む
55,440円
楽天モバイル
公式から申し込む

Amazonなどでの取り扱い

motorola edge 40 neoとXiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5Gはどちらにすべきか?

  • 性能重視ならXiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5G
  • 価格重視ならmotorola edge 40 neo
  • motorolaでもう少し性能が欲しいならedge 40も候補(スコア 745446

定価はほぼ変わりませんが、IIJmioの特価では約2万円違うので、コスパ的にどっちが良いかは微妙なラインですが、motorola edge 40 neoはneoだけあって廉価版のようなイメージを持ってしまいます。(買うならedge 40の方がスペック的には高い)

スペック・操作性能を重視する方は、Xiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5Gを購入した方が後悔無いです。

日常的にLINEやインターネットが使え、軽いゲームも少しやる、と言うような方であればmotorola edge 40 neoでも十分快適な性能です。

スマホ端末を購入するなら【IIJmio】が最もお得です

MNPでスマホ本体が激安価格で購入可能です。

お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます
お得に申し込もう!
こちらからアクセスできます

\ 最大3ヵ月間 月額440円割引!! /

公式サイト:https://www.iijmio.jp

品切れになる可能性があるので

早めに申し込むことをおすすめします。

IIJmioひかりを契約すると、
IIJmioの月額660円割引きになるって知ってますか?

家の回線もIIJmioにまとめてもっとお得に!

\ 2GB/850円 → 190円に/

▶IIJmioひかり公式サイトはこちら

参考リンク

\端末を安く買うならIIJmio一択!!/

IIJmio(みおふぉん)

最強こどもプログラム開始!!/

目次